インプラント治療    
       
あま市矯正インプラントセンター
 
                   
あま市矯正インプラントセンター 患者様の声
上あごの歯が無い場合   下あごの歯が無い場合 料金について
歯を抜く場合   他院で治療が難しいと言われた場合 Q&A
歯があって抜く人の場合
  ご自分のもとある歯を大切にする事はとても大切です。
歯の神経を抜くという行為が治療の過程に含まれることがありますが、神経を取ってしまったあとの歯は、菌に感染しやすくなり、歯の健康を損なう原因に成りかねません。

コージヤマモト歯科医院では、他院で歯を抜かなければならないと言われた方でも、マイクロ治療によってご自分の歯を残すことができる可能性があります。
>>>マイクロ治療とは?

診断の結果、歯を抜いて新しい歯を作った方が良いと判断された場合は、今ある歯を抜いて、インプラント治療を始めることになります。
 


  >>>マイクロ治療とは?


抜歯即時埋入法
  抜いた日にインプラントを埋入する方法です。
腫れや痛みがほとんどありません。
抜歯したあとすぐにインプラントを植立するので治療期間が短くなります。
ただし、抜歯する歯の場所や状態により、この方法が出来ない場合もあります。
 
医院トップへ
ソケットプリザベーション
  歯を抜くと、歯があった部分は時間と共に骨がやせて薄くなっていきます。
ソケットプリザベーションは、骨の吸収を防止するために、抜歯の時点で人工骨などを補填剤を入れて骨の吸収を抑える方法です。
 
 
    ページトップへ